自由気ままなヴァンガード

Twitterは@karua_kagerou

ジエンド投入かげろうデッキ【デッキレシピ】

こんにちは~

世間ではオバロジエンドで盛り上がってますね~。
という私もモチベ上がりまくりですが( ̄▽ ̄;)

今回の記事はジエンド投入型かげろうです。
とりあえずの形ですがどうぞ。

【グレード3(9枚)】
ドラゴニック・オーバーロード×3
ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート×4
ドラゴニック・オーバーロード・ジ・エンド×2

【グレード2(13枚)】
バーサーク・ドラゴン×4
ドラゴニック・ネオフレイム×4
ドラゴニック・バーンアウト×3
ドラゴンフルアーマード・バスター×2

【グレード(11枚)】
鎧の化身 バー×2
サーベル・ドラゴニュート×4
希望の火 エルモ×4
従者 レアス×1

【グレード0(17枚)】
リザードランナー アンドゥー(FV)×1
槍の化身 ター(☆)×4
魔竜導師 ラクシャ(☆)×2
ワイバーンガード バリィ(引、守護者)×4
レッドジェム・カーバンクル(引)×2
ドラゴンモンク ゲンジョウ(治)×4


ドラゴニックって何回打つねん・・・
まずはジエンドですが、このユニットはアタック後に2つの効果を選択でき、それぞれターン1が付いてます。

・アタック後、手札が4枚以下ならCB1SB1でVスタンドしてドライブ-1。
・アタック後、ソウルにオーバーロードがあれば手札3枚を捨ててVスタンドしてドライブ-1。

つまり両方の条件を満たせていればVが3回殴ってくるわけですね。
おまけに初回でも条件さえ満たしていればVスタ。
そりゃまぁ強いです。


では今回のレシピです。
ジエンドが2枚です。
あれ?って思いますよね?

ジエンドを減らしてる理由は、まず1つ目が初回Vスタについてです。
全ツして手札をジエンドがツインドライブしても4枚以下になるよう調整しないといけないのですが、今後増えるであろうリンク、現環境一角のかげろうミラーがあって、更にはシャドパラもまま見る今、それ等の対面に無理やり全ツして焼かれて、その見返りが2:1のVスタだけであり、それ以降の攻め手に欠けてくる。
またバーサークで増やした札も無理矢理出さざるを得ないですし、後手サーベルで増やす札も邪魔になりかねません。

勿論それ等に対しては全ツしないのが丸いので全ツしなければ良いです。
でもそうすると今度はジエンドがスタンドできずバニラのまま。
なので初回Vスタはあまり狙わない方が良いと考えています。
何より無理して狙う位なら初回は純オバロの方が強いです。


もう1つはジエンドの3回Vスタの不安定さです。
オバロがソウルにある状態かつ手札4枚以下。
まぁ元々下の効果で手札を3枚捨てることで無理矢理4枚以下を達成してもう1回Vスタしてくれと言うデザインなのは間違いないです。

オバロソウルは簡単として、そこまで手札削って5パンして此方の手札は返しに5枚。
そこで耐えられてたら返しはほぼ敗けです。
グレートのように5パンしてターン返して次耐えてまた5パンすると言うプランはジエンドでは取れないと私は思っています。

ならジエンドいつ乗るの?って話ですが、私が思っているのは
『グレートからグレートへの乗り直しができない時』
または
『ネオフレイムが退却およびバインドされてグレート乗り直しができない、もしくはしてもネオフレイムが居ない時』
それ等の詰めにライドするユニットと思っています。

実際ネオフレイムが無い状態でもグレートは確定4パンはできるので無理矢理ゴリ押しで勝てることもありましたが、それよりはジエンドで5パンした方が単純強いよねって話です。
実際ジエンドの5パンのうち3パンはVが行っているので、札は一気に削れますし、フィニッシャーとしての性能はかなり高いと思います。

しかしそれはグレートも同じ事で、ネオフレイム絡めた5パンが非常に強力です。
となるとジエンドを使うのは先程書いた状態の時くらいしか乗りたいタイミングが無いと個人的には思っています。

なので今回のレシピではメインはあくまで今のオバロオバログレート、そこにジエンドを『保険』として入れる形に収まりました。

当然、煮詰めていけば他にもっと良いデッキも出てくると思います。
私の現在の頭ではこれが限界でした・・・
ジエンド自体は良いユニットだと思うので是非考えてみて下さい。


ではでは。

根絶者環境-シャドウパラディン【デッキレシピ】

こんにちはー。

スタンダードが始まって早くも1年が経とうとしてます。
バミューダだけで、とりあえず全クラン登場で、約半数のクランには2周目のプールも配られましたし、構築の幅も漸く広がってきたかって感じですね。

今回はシャドパラのデッキレシピです。


【グレード3(8枚)】
ファントム・ブラスター・ドラゴン×4
ガスト・ブラスター・ドラゴン×4

【グレード2(12枚)】
悲壮の騎士 カスバド×4
漆黒の乙女 マーハ×4
ブラスター・ダーク×3
カースド・ランサー×1

【グレード1(13枚)】
黒の賢者 カロン×4
髑髏の魔女 ネヴァン×4
黒翼のソードブレイカー×3
アビス・ルーター×2

【グレード0(17枚)】
フルバウ(FV)×1
デスフェザー・イーグル(☆)×3
ダークサイド・トランペッター(☆)×4
暗黒の盾 マクリール(引)×4
ハウルオウル(引)×1
アビス・ヒーラー(治)×4



最近私が触ってるのはこんな感じです。
新規カードの簡単な解説を。


●ガスト・ブラスター・ドラゴン

未だ多いオラクルやエンフェ、ロイパラ等CBを多用するクランへの解答のカードだと思います。
ファントムブラスターから乗り直す事で3点からでも相手を確殺でき、相手に常にCB3で動くように制約を掛けます。
特に上記クランはCBを使った動きが非常に強く、ファントムブラスターで盤面を除去しコントロールしてからガストブラスターで☆3の圧力をひたすらかけていき、その行動を制限してやるだけでかなり優位に立つことができます。

更にガストブラスターの☆増加はCBを必要とせず、最悪押し潰しでも誘発するのがポイントで、カースドランサーを出すだけでCC1しつつ☆増加も見込めます。

また、ファントムブラスターと違い自動効果なので殴ったRを手札、除去、パンプへ変換し、エクスカルペイトの除去などからRを逃がしたり、オラクル対面でRでプロミスを叩いてから除去を打てる等の細かい利点もあります。

始めは3枚だったのですが、流石に引きたい場面も多いのでファントムブラスターと4:4に。



●黒翼のソードブレイカ

G1で5000、それだけでかなりのやり手。
ネヴァン捻って持ってこれ、CB1で1ドロー。
手出しでも誘発し、その時はおまけでパワーも10000になります。
ネヴァンで持ってこれ、握っても腐らず流石に強いです。
最悪コストが払えなくてもネヴァンで持って来てファントムブラスターやガストブラスターのコストになれる札として優秀なので枚数は多めです。

しかしながらこのデッキはコストの掛かるユニットが多い上に、CC手段はマーハ効果で出てきたカロンと圧殺コールのカースドランサーしか無く、流石に4枚は重いと判断し現在は3枚。




ラクル、エンフェ、ロイパラ等はファントムブラスターでしっかり盤面をコントロールしてやり、ガストブラスターから☆3で圧力を掛けていきましょう。

エンフェはCB2でメタトロンによる回復、オラクルはCB1を手札と山操作に変換してくる、ロイパラは騎士王やマロンの手札の誤魔化しやモナークの☆増加、エクスカルペイトのVスタ等細かくCBを使ってくるので、使えるCBを制限してやるだけで、かなりやりやすいと思います。

しかしオラクルやエンフェ対面は完全に有利と言う訳でもなく、オラクルのヴィクトリアスディアーやエンフェのフェザーパレスはCBを必要とせず此方を轢きに来ます。
ロイパラもベディヴィアはCB消費無しにケイをコールして札を誤魔化せるので、しっかりガードを確保して戦いましょう。


むらくも対面は逆にガストブラスターに乗ると除去が追い付かず、またファントムブラスターやガストブラスターへの乗り直しもやり辛く☆増加まで見込み辛いので、できるだけファントムブラスターへライドし盤面を一気に持っていってリソースを削りにかかります。

シラユキもあり、アクセル自体のポテンシャルが上がってきた事もあって流石に前ほど滅茶苦茶有利と言うわけでは無いですが、それでも有利寄りだと思います。



最後に新規で採用を考えているカード。

●ダークボンド・トランペッター

CB1でネヴァンを呼ぶのが主な仕事。
5000が出る度にパンプもします。
コールされたネヴァンはレストで登場するので、タイミングにラグが出る、またパワーも9000しか無く、Vに乗るとG2タイミングでアクセルやプロテクトに前列のみで殴られてしまう点、パンプも1回につき3000と12000でギリギリフォースに届かないのが少々ネックで今回は見送り。
しかしネヴァンを出せないよりは当たり前ですが出せた方が強く、5枚目のネヴァンとして1枚採用等はありだと感じます。



ブログ書くの久々で疲れたので今回はここまで。
上手く書けたか分かりませんが、少しでも参考になれば幸いです。

更新再開

お久しぶりです、カルアです。

身の回りで昨年は色々あって更新できずほぼ1年経ちました。
が、それも漸く落ち着いてきましたし、いくら自由気ままにと言っても自由気ままにが過ぎてしまったので、そろそろ真面目に更新していこうと思います。

決して消失はしてないので御安心ください。

ではでは宜しくお願いします。

新オーバーロード軸かげろう【デッキレシピ】

カルアです。

今回は新TD「櫂トシキ」を早速手に入れてきて新しいかげろうデッキを触ってた訳ですがスタンダードのプールもそこまで見えてませんし、プレミアムスタンダードのかげろう強いんじゃね?って思って早速組みました。

【グレード3(8枚)】
ドラゴニック・オーバーロード"The Destny"×4
ドラゴニック・オーバーロード(新)×4

【グレード2(12枚)】
バーニングホーン・エヴォリュート×4
ドラゴンナイト ネハーレン(新)×4
バーサーク・ドラゴン(新)×4

【グレード1(13枚)】
リザードジェネラル コンロー×4
ドゥームブリンガー・ハイフレイム×4
プロテクトオーブ・ドラゴン(守護者)×3
ラーヴァフロウ・ドラゴン×2

【グレード0(17枚)】
リザードソルジャー コンロー(FV)×1
槍の化身 ター(☆)×4
魔竜導師 ヤクシャ(☆)×2
ガトリングクロー・ドラゴン(引)×1
ワイバーンガード バリィ(引,守護者)×1
レッドジェム・カーバンクル(引)×4
ドラゴンダンサー ターラ(治)×4

【Gゾーン(16枚)】
天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード"The Purge"×3
天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード"The Ace"×2
天皇竜 エクセンドグレイブ・ドラゴン×1
炎熱機竜 ズィーゲンブルク×2
獄炎のゼロスドラゴン ドラクマ×1
エアーエレメント シブリーズ×1
天皇竜 ディフィートフレア・ドラゴン×1
天皇竜 アドバンスガード・ドラゴン×1
炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン×2
神龍騎士 アブドサラーム×1
メタルエレメント スクリュー×1


新しいドラゴニック・オーバーロードを使ったデッキレシピです。
では簡単に解説。


オーバーロード、The Destny

今までのオーバーロードの構築ではグレード3が9枚の構築がメジャーでしたが環境が早くなった事による双闘を使うメリットの薄さ、クロスやジエンドに乗った時に比べ新規オーバーロードに乗った時の方が明らかにリターンがある事から4:4の8枚投入とし、空いた枠をグレード2に回すことで序盤に比重を置いています。

まずDestny。
超越する時のサーチが噛み合う、抵抗呪縛無視の焼き、現在でも超越するなら滅茶苦茶強いので問答無用で4。

そして新規オーバーロード
オーバーロードのGユニットの関係上、オーバーロードは絶対に8枚以上欲しく、勿論の4枚投入。
このオーバーロードはDestinyと違って超越時サーチがないのでpurgeが少し使い辛くなるリスクがあります。
またVスタンドも手札を減らすリスクがありますが、このカードの強い所はまずイマジナリーギフト「フォース」を獲得できるところ。
単純にVかRの火力が自ターンのみとは言え10000パンプするのは滅茶苦茶強く、Vに配置すればズィーゲンブルクやThe Aceがゼロスドラゴンの火力でVスタンドし、Purgeでも39000の5ドライブと言う化け物になります。
またRに配置しても単純にグレード2やグレード1を火力として使っていけるのでかなり便利です。

そして続いてGBの無いVスタンド。
ジエンドと同速のVスタンドでありながらパワーが13000、フォースで23000、効果も使えば33000まで伸ばすことができ、更にヒット後にコストを払うので相手のノーガードの後捲りが弱ければ起こさないと言う選択ができるのと、ジエンドと違いペルソナではないので、相手からすれば「起こされたくなければ兎に角止めなければいけない札」であり、そのプレッシャーは全盛期ジエンド以上です。
またもう一つの効果であるSB1で10000上昇する効果はRでも使えるため使い勝手がよく、単純に1回のグレード3ライドからRにコイツをコールするだけでフォースを2枚獲得していると考えればその強さが分かると思います。


●ネハーレン、バーサーク、バーニングホーン

どの札も序盤から使える強力な除去札でありながら、バーニングホーンはグレード4のオバロがVなら相手のダメージ分+2000。

ネハーレンは能力を使ったターン+5000
ネハーレンは後列のみとは言えCB1でソウルを使わず焼きとパンプを行えるのが非常に強力です。

バーサークはCB1SB1で位置を選ばない焼きができる上にVでも効果が使えます。
今までの焼き札はRでしか焼きを使えないものが大半だったので、このVでも使用できる焼きは貴重です。
更にこのカードはVで焼きを使えば1ドローまで付いてくる上、Rに出せば今度は3000パンプされ単騎で相手のVに届くと言う訳の分からないスペックを誇っております。

そしてネハーレン、バーサークは共に
素のパワーが10000あるので返しのターン、特に序盤は堅く、バーニングホーンも含めてどのユニットも序盤から後半まで腐る事が無いです。
これによって前以上に序盤から3面広げやすくなり、全ツに磨きがかかりました。
しかも今まではV裏に下がったFVの処理がし辛かったのですが、ネハーレン、バーサークによってV裏に下がったFVを処理できるようになったのも大きいです。

当然ながら序盤から走りたい上に削る理由がないです。
4枚投入。


●守護者、ラーヴァフロウ、グリフォン、コンロー

グリフォンオーバーロードの超越サポート兼オーバーロードの回収と1ドロー持ち。
序盤から置ける7000札であり削る理由がないです。
回収に関しては状況によっては山札を逆圧縮してしまうので注意。

コンローも序盤から置ける札であり、オーバーロード用の強力なCCとオーバーロードのサーチを持っており、状況に合わせたオーバーロードをサーチしたり手札のオーバーロードの枚数を増やしPurgeやAceに繋げられます。
此方も削る理由がないので4。

完全ガードは後術するグレード0の完全ガードと3:1で散らしました。
コンローや治トリガーのCCもあるので、1枚削った程度では全く気になりません。
此方は3枚。

ラーヴァフロウは前によくあったテンプレは1が多く、もしくはグレード2を削って2投が多かったですが、完全ガードを枚数調整できるようになったので削りたくない枠を削ること無く2枚投入できるようになりました。
これによって削ったオーバーロードの枠をカバーし、「超越コストでオーバーロードを切るしか無くてVが新オーバーロードだからPurgeのコストを確保できない!」なんて事をある程度軽減できるようになりました。


●コンロー、バリィ、各種トリガー

FVコンローはまぁ当たり前ですね。
治、完全、コンロー、ラーヴァフロウ、グリフォン、その状況に対応したユニットを何時でも引っ張ってこれるんですから弱いわけ無いです。
寧ろこれ以外のFVにマトモなの無いです。

各種トリガーは査定が変わりました。
☆トリガー:パンプが5000から10000に、シールドは10000から15000に。

引トリガー:パンプが5000から10000に。

治トリガー:パンプが5000から10000に、シールドは10000から20000に。

治トリガーはGガーディアンがある事から前の治を引き続き使用。
引トリガーは枠の都合でどうしてもガトリングクローが1枚入ってきます。
ガトリングクローを抜きたければグレード1の完全ガードを減らしバリィを増やすしかないです。
☆トリガーは当たり前のように強くなったので全入れ替え。

そして配分は664。
☆を多くし新オーバーロードのプレッシャーとも合わせて一気に点を入れていくのもありですが、新オーバーロードは手札を減らすVスタンドである事、1枚でもオーバーロードを手札に加えられる可能性を増やしたい事から今回はこの配分としました。

バリィは何とグレード0の完全ガードであり、かつ引トリガーです。
グレードが0なので覚醒ルアードのようにグレード1以上に対するガード制限に強く出る事ができます。
反面全てをこれにするとプレミアムスタンダードではイチキシマを止めれなくなります。
かげろうではコンローによって持ってくる事が可能なので、3:1としグレード1の完全のCCも使いやすくしつつ新しいグレード0の完全ガードを入れると言う形をとりました。


●ディフィートフレア

Gユニットは新オーバーロードを経由すればパワーがゼロスドラゴン並みになるくらいで、内容や配分は以前と変わらず今更書くこともありません。
が、強いて言えば使いやすくなったものとしてはディフィートフレアです。

ディフィートフレアはCB1とドロップのグレード3のフレイムドラゴンを2枚山の下に送ることで後列を一掃できる非常に強力なGガーディアンですがシールドは15000しか無く、また相手のVの攻撃にしか使えないので、必然的に26000以上のVに対して使うため、仮に相手のVが26000であってもディフィートフレア1枚で同値、そこに完全ガードや別のGガーディアン、もしくは10000札と5000札を投げて止めつつと言うのが今まででした。

が、新しい☆トリガーによってディフィートフレアで同値、☆トリガーを追加するだけで3枚貫通にまで持っていくことが可能となったので、前以上にディフィートフレアを使用した際の手札消費を抑えつつガードが可能となりました。



戦い方は前と同じでシンプル。
序盤から広げて殴って点を詰めてPurge、新オーバーロード、ズィーゲンブルク、Aceで倒しきるだけ。
序盤からバーサークやネハーレンでCBを使うようになったので、ギアクロ対面のように序盤にコンローの効果も使っておかないとコンローを除去されるような対面では焼きとコンローどちらも使えるように上手くコストを確保しにいかないといけないのと、新オーバーロードにライドした場合はヒット時のVスタンドは考えて使えよって位です。

実際回してみてますが、やはりバーサーク、ネハーレン、新トリガーがかなり強く、新オーバーロードもしっかり見極めて使えば強力なユニットであるのでかなりオススメです。
前のかげろうをお持ちの方は是非組んでみては?

おわり。

ヴァンキッシャー軸なるかみ 【デッキレシピ】

皆さん、おはこんばんにちは。
なんとか生きております。

いよいよ明日、竜皇覚醒発売ですので最近回してたヴァンキッシャーでも書こうと思います。

【グレード3(7枚)】
ドラゴニック・ヴァンキッシャー"SPARKING"×4
抹消者 ドラゴニック・ディセンダント"Σ"×3

【グレード2(12枚)】
抹消者 サンダーブーム・ドラゴン×4
魔竜戦鬼 チャトゥラ×4
ボルテージホーン・ドラゴン×4

【グレード1(14枚)】
マイティボルト・ドラグーン×4
チェインボルト・ドラグーン×4
ドラゴンダンサー ファティン×2
招雷の舞姫 アナスタシア(守護者)×4

【グレード0(17枚)】
ハードロッド・ドラコキッド(FV)×1
凱旋の雷 レシェフ(☆)×4
毒心のジン(☆)×3
抹消者 ブルージェム・カーバンクル(引)×4
アナラブルモンク・ドラゴン(引)×1
メディテイト・ドラコキッド(治)×4

【Gゾーン(16枚)】
征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー"VBUSTER"×4
征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー"VOLTAGE"×4
征天覇竜 ドラゴニック・ヴァンキッシャー"VMAX"×1
征天覇竜 クローザー・ドラゴン×1
エアーエレメント シブリーズ×1
護天覇竜 ブルワーク・ドラゴン×2
護天覇竜 インピード・ドラゴン×2
霊智創生 ブラフマー×1


新弾によって雷撃がアホみたいに増えやすくなったヴァンキッシャーです。
Gゾーンはまだ調整中ですが、このGゾーンで特に困ったこと無いのでこのままでもいいと思います。

簡単な解説を。
・ヴァンキッシャーSPARKING
新規ボーナス持ちです。
雷撃4で毎ターンSCかCCが行えます。
これによってCB枯渇が無くなりました。
超越ボーナスも使いやすく、相手の盤面が枯れていてもバインドを作ることができ、更に雷撃持ちが超越していれば追加で相手のRをバインドできます。
旧ヴァンキッシャーと違いRのバインドは相手が選ぶ点、相手ターンでVがパンプしない点では少々劣りますが、それでも今まで難点だった盤面が枯れる相手にバインドを作れるというのは大きな強みだと思います。


・ディセンダントΣ
新規ディセンダントです。
Vでは使いません、Zも入れません。
コイツを態々Vに再ライドして轢きに行くくらいならヴァンキッシャー上にクローザー乗っけた方が手っ取り早いです。
コイツの真価はRで使えるヒットしなかった時にスタンドする効果。
なんとコイツ、R効果に抹消指定がありません。
なるかみのGユニットにはRの火力を底上げする奴が沢山居るので、コイツの火力をあげて轢く事もできます。


・ハードロッド・ドラコキッド
今回出たなるかみのカードの中でも中々バグってるカードだと思います。
捻るだけでバインド1枚作るか雷撃持ちに+3000と雷撃4でCB1と自身をソウルに入れることで相手のRをバインド、自分のユニットを1体+3000の2つの効果を持ってます。
GBが無いので序盤から盤面と相談しながら捻ってバインド1つ作っていけます。
雷撃に+3000はこの構築だと中盤からしか使えないですが、バインドを作れないなら捻らずに5000ブーストしてりゃいいのでそこまで気になりません。


・チェインボルト・ドラグーン
前からヴァンキッシャーに入っていたカードですが一応。
旧ヴァンキッシャーと違いSPARKINGは相手ターンでのVパンプがありません。
が、コイツが立っているとブルワークやインピードと組み合わせることで相手ターンでのパンプが可能です。
コイツだけでVパンプ、デコイ、バインド増やし、細かいラインの調整を行ってくれるので余程じゃないと抜けないと思います。


・招雷の舞姫 アナスタシア
SPARKINGがCCを行ってくれるのでCB余りまくりの今、旧アナスタシアで態々CCする必要もなく雷撃4達成で1ドローというなるかみでの貴重な手札維持ができる此方を入れます。


・ヴァンキッシャーVBUSTER
なるかみにようやく来た初回優秀枠。
相手のRとドロップを1枚ずつバインドし、更に此方のRが多ければ3体に+3000。
しかもこれSBでCB喰わないので使い勝手が良いです。
更に雷撃7達成で前列+5000と☆+1、更にはドライブ+1と初回以降も腐りません。
そしてヴァンキッシャー名称なのでVMAXの効果対象にもなります。


ブラフマー
新しい数値の出せるなるかみのGG。
普通に25000ガードは優秀ですし、クローザーのパワーもより上げることができます。
一応おまけ程度ですが、ぬばたまに拉致られたくないユニットをバインドしておくことも出来なくはないですが、あんまり意味はないです。


・トリガー配分
ディセンダントの登場、バインドも作りやすくなり火力も出しやすくなった事、それらを含めて☆重視でいいと思います。


大体こんな感じです。
後は人により細かい調整はあると思います。
インピード2ブルワーク2ブラフマー1の所とか、ブラフマー2ブルワーク1インピード2でもいいと思いますし、VBUSTERやVOLTAGEの比率を変えてディセンダントZを入れてもいいと思います。

新しいなるかみを是非皆さん、試してみて下さい。

ブレマス紅焔かげろうver2【デッキレシピ】

こんにちは、電車の中で暇なので今回してるブレマスが構築少し変わったし書こうと思います。

【グレード3(7枚)】
ドラゴニック・ブレードマスター"紅焔"×4
ワイバーンストライク ジャーゴ×3

【グレード2(12枚)】
ドラゴンナイト ムブディ×4
ラディエント・ドラゴン×3
ハルクロアー・ドラゴン×2
煉獄竜 ドラゴニック・ネオフレイム×3

【グレード1(14枚)】
ラーヴァフロウ・ドラゴン×3
英気の炎 アエトニキ×4
リザードソルジャー ベローグ×3
プロテクトオーブ・ドラゴン(守護者)×4

【グレード0(17枚)】
リザードソルジャー コンロー(FV)×1
ドラゴンナイト ジャンナット(☆)×4
ドラゴンダンサー ニルダ(醒)×4
ガトリングクロー・ドラゴン(引)×4
ポジティブ・ドラコキッド(治)×4

【Gゾーン(16枚)】
炎熱竜機 ズィーゲンブルク×4
天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター"戴天"×4
天皇竜 ブレイジングバースト・ドラゴン×1
天皇竜 ボーテックス・デザイア×1
ヒートエレメント メランドル×1
天皇竜 アドバンスガード・ドラゴン×1
炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン×2
炎帝龍王 アジールオーブ・ドラゴン×1
神龍騎士 アブトサラーム×1



変更点は本当に少しでコンロー→ラーヴァフロウに、トリガーに新しい醒のドラゴンダンサー ニルダを追加したくらいです。

あまりかげろうに醒は入れたくなかったのですが(ブレイジングバーストと相性が悪い等)、ブレマスのCCがアエトニキとプロテクトオーブだけではキツイ事もあり、またかといってナーデル追加する枠も無いので投入。

これが思ってた以上に良い働きをしてくれ、自分の竜炎持ちユニットのアタックが相手のVにヒットすれば1焼き+CCをおこないながら山に帰ってくれます。
簡単な話、自分の竜炎持ち全てに焼き+ベリコウスティの効果をつけるって感じです。
前のかげろうでは万券を場に出すのは難しかったですが、ムブディやズィーゲン、紅焔によって手札が維持しやすくなったので盤面に出しやすいのもグッド。

焼きは正直おまけですが、一応どうしてもコスト上焼けなかったRを焼けるので、焼き→ズィーゲンハンドコスト0スタンドとかもできなくはないです。
が、ズィーゲン初撃ガード残りをノーでいけるのでほぼそんな事はおきないです。

後は考えなしにGGとかの効果で出してきたRも焼けるので出してきたのが1体程度なら焼いてエンド時紅焔でG3回収もできなくはないです。


最後に今候補で考えてるカード。
炎帝龍王 ルートフレア・ドラゴン
戴天連打するタイミングが減ったので戴天とメランドルの枠を調整して入れても良いかもです。
ペルソナCB無しの焼きは強い。
後は考えなしに置かれた抵抗も焼けます一応。
ぶっちゃけコイツも投げるタイミングあるか怪しいですが、今後抵抗がアホみたいに増えるなら入れます。

●エアーエレメント シブリーズ
かげろうのシブリーズはベローグ使うためにGB1開ける位しか強さがないですが、メランドルとの選択で一応。

●煉獄竜 ドラゴニック・ネオフレイム
貴重なGB前の焼きなのでハルクロアー抜いて、もしくはラディエントを2にして増やすのを考えてます。

●G2バニラ
G2バニラ減ってきたので採用もありかも。
ブレマスは焼き手段豊富なので一応先超越から相手の盤面を一度空にできるのは強いと思います。

おわり。

煉獄オバロ(新規入り)【デッキレシピ】

こんばんは、今回もデッキレシピです
ブレマスただただコスト思いし、G1コンロー使いたいしで考えた結果、序盤から打てる焼きあってオバロ名称持ってて、G1コンロー使えて、ソウル使わない、ディフィートも打てる・・・あれ?煉獄強くね?って思って組んだ煉獄オバロです。


【グレード3(8枚)】
煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート×4
スフィリカルロード・ドラゴン×4

【グレード2(11枚)】
煉獄竜 メナスレーザー・ドラゴン×3
竜騎士 ネハーレン×3
ドラゴンナイト ムブディ×3
煉獄竜 ドラゴニック・ネオフレイム×2

【グレード1(14枚)】
リザードジェネラル コンロー×4
リザードソルジャー ベローグ×3
ラーヴァフロウ・ドラゴン×3
プロテクトオーブ・ドラゴン(守護者)×4

【グレード0(17枚)】
リザードソルジャー コンロー(FV)×1
ドラゴンナイト ジャンナット(☆)×4
槍の化身 ター(☆)×2
ガトリングクロー・ドラゴン(引)×4
トレジャーハント・ドラコキッド(引)×2
マザーオーブ・ドラゴン(治)×4

【Gゾーン(16枚)】
炎熱竜機 ズィーゲンブルク×4
天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード"The Ace"×2
天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター"戴天"×4
天皇竜 ボーテックス・デザイア×1
竜騎士 アブトサラーム×1
炎帝龍王 アジールオーブ・ドラゴン×1
炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン×2
天皇竜 ディフィートフレア・ドラゴン×1


新しく登場したムブディとズィーゲン、アブトサラームを追加した煉獄オバロです。
実はムブディ公開時点で煉獄オバロの案はあったのですが「どうせ微妙だろ封印封印」と埋葬してましたが、最近それを改めここに公開しました。
何故煉獄オバロなのか、ここでブレマスの軸を見てみましょう。

☆利点☆
●紅焔によるエンド時にG3の回収やムブディを好きなタイミングで使える事でハンドを維持しやすい。
これにより擬似的なノーコストの超越、単騎で16000ラインを出せるアタッカー『ジャーゴ』を繰り返し使うことができます。
またムブディによるドローで手札の補助も多少ながらできるので安定性が向上しました。

●焼き札が多く全焼きも手軽にできるのでズィーゲンをハンドコスト無しで起こしやすい。
紅焔の超越ボーナス、ラディエントやジャーゴ等火力を出せる焼き札によって相手の盤面を枯らしやすくズィーゲンのハンドコストを無くせたり、ほぼ常にラディエント、ムブディ、ジャーゴの最大火力を出せます。

●Vがブレマスなのでジャンナットやラーヴァフロウを気軽に使うことができる。
ジャンナット、ラーヴァフロウを序盤から出していけつつ、更に先乗りした時でもジャンナットを吸えるので強い動きを作りやすいです。
勿論ソウルも溜まります。

●ラディエントが使いやすく、オバロと違い戴天やブレイジングバースト、ルートフレアの時でも21000を単体で出せる。
オバロの時は戴天、ルートフレア、ブレイジングバーストの時最大でもネハーレンの16000、ブレイジングバーストで26000でした(そもそもルートフレアは入りませんでしたが)。
しかし此方はVがブレマスなので戴天、ルートフレア、ブレイジングバースト、どれの時でも盤面が枯れていれば21000を出せます。


☆欠点☆
●ブレマスの焼き、ムブディのパンプとドロー、ラディエントのパンプ、ジャーゴの焼き、ズィーゲンや戴天これら全てにCBが必要、つまり重い。
今まで相手のターンでの焼きを主に担っていたディナイアルやハルクロアーもCBを使い、それが手軽に打てたのが手軽に打てなくなるので相手からすると攻めやすくなり、そこでCBを使いすぎるとブレマス側に制限がかかる。
3パンをする場合ムブディ、ラディエントを立てるとVがズィーゲンや戴天なら全ての効果を使うだけでCB3、紅焔の超越ボーナスを使うとCB4、これで仮にナーデルのCCを使っても返しにディナイアルを打てばダメージを4~5もしくはナーデルが2体無ければ次のターン表のダメージは無しもしくは1枚。
動きがどんどん制限されていきます。
使うカウンターを調整しないといけないですが、それをすると今度はラディエントやムブディは火力を出せません。

●抵抗や相手ターンのコールに弱い。
抵抗やGG等から此方のターンでコールされるRにも弱く、G3の回収もできずズィーゲンもコストが必要になります。
抵抗にはルートフレアやブレイジングバーストで対抗はできるもののルートフレアはノーコストなのは強いですがVに圧力が無く、ブレイジングバーストはそもそもGB8でタイミングが遅いです。

●GB持ちが多い。
大半のユニットがGB持ちなので動きが遅いです。
焼き札では唯一ジャーゴがGBが無いですがそれでも少ないです。
他にも入れようとした場合、GBが付いてないユニットで入れれるのは頑張ってネオフレイム位だと思います。



ではここで煉獄オバロを見てみましょう。
☆利点☆
●G1コンローが使える。
新しく追加されたユニットでCBを使う量が増えました。
が、G1コンローのおかげでそれが全く気になりません。
ズィーゲン、Ace、グレートにテキストを付与する事で確定でCC4する生き物が立ちます。
これによって相手のターンでもディフィートフレア、ディナイアルと言った焼き札やアブトサラームを気兼ね無く使いつつ此方のターンでの動きにもそこまで制約が掛からないという利点があります。

●ネハーレン、スフィリカルの存在。
Vスタンドが増えたことで相手Vを狙いながらネハーレン、スフィリカルが21000を出しやすくなりました。
ラディエントと違うのは戴天の時は16000しか出せない代わりにコストが掛からず、またラディエントは抵抗が居たり、GG等の効果でRを出されると火力が落ちますがコイツらは盤面に左右されない利点があります。
これによって安定した要求値を出すことができます。

●The Aceとディフィートフレアが使える。
呪縛されて竜炎が発動しない、相手の盤面によってズィーゲンでは手札コストが掛かる、ズィーゲンを使いきった後の詰め等にThe Aceという選択肢が取れます。
またVがオーバーロードなので後列を一掃できるディフィートフレアも打つことができ、後列に引きこもった抵抗やシステムユニット等も纏めて焼くことができます。

●煉獄なのでメナスレーザーが使える。
普通のオーバーロードと違い煉獄でもあるのでメナスレーザーが序盤から使うことができます。
GBの無いCB1の焼きは普通に強く、相手の速攻への返しからズィーゲンやムブディのおかげで後半でも1面焼くことでムブディの火力を上げたりズィーゲンのコストを減らしたりと幅広い対応ができます。
同時に煉獄は序盤から札を置いていきやすいので序盤から攻めていきやすいのも利点だと思います。


☆欠点☆
ジャンナットやラーヴァフロウが少し使いにくく、戴天の時は最大でも単騎16000~19000しか出せないので戴天の時の要求は紅焔より下です。
また、紅焔の回収も無ければムブディを何時でも使えるわけではないのでハンド維持がやや不安定です。


こんな感じですね。
今回かげろうのほぼ全軸を触ってみて、どちらにも利点欠点があり、軸が一択ではなくなって良い強化だったんじゃないかなと思います。
是非かげろう使ってる方には煉獄も試してみてほしいです。
おわり。