徒然なるままに

Twitterは@hiro_tsukikage

煉獄オバロ(新規入り)【デッキレシピ】

こんばんは、今回もデッキレシピです
ブレマスただただコスト思いし、G1コンロー使いたいしで考えた結果、序盤から打てる焼きあってオバロ名称持ってて、G1コンロー使えて、ソウル使わない、ディフィートも打てる・・・あれ?煉獄強くね?って思って組んだ煉獄オバロです。


【グレード3(8枚)】
煉獄皇竜 ドラゴニック・オーバーロード・ザ・グレート×4
スフィリカルロード・ドラゴン×4

【グレード2(11枚)】
煉獄竜 メナスレーザー・ドラゴン×3
竜騎士 ネハーレン×3
ドラゴンナイト ムブディ×3
煉獄竜 ドラゴニック・ネオフレイム×2

【グレード1(14枚)】
リザードジェネラル コンロー×4
リザードソルジャー ベローグ×3
ラーヴァフロウ・ドラゴン×3
プロテクトオーブ・ドラゴン(守護者)×4

【グレード0(17枚)】
リザードソルジャー コンロー(FV)×1
ドラゴンナイト ジャンナット(☆)×4
槍の化身 ター(☆)×2
ガトリングクロー・ドラゴン(引)×4
トレジャーハント・ドラコキッド(引)×2
マザーオーブ・ドラゴン(治)×4

【Gゾーン(16枚)】
炎熱竜機 ズィーゲンブルク×4
天皇竜 ドラゴニック・オーバーロード"The Ace"×2
天皇竜 ドラゴニック・ブレードマスター"戴天"×4
天皇竜 ボーテックス・デザイア×1
竜騎士 アブトサラーム×1
炎帝龍王 アジールオーブ・ドラゴン×1
炎翼剛獣 ディナイアル・グリフォン×2
天皇竜 ディフィートフレア・ドラゴン×1


新しく登場したムブディとズィーゲン、アブトサラームを追加した煉獄オバロです。
実はムブディ公開時点で煉獄オバロの案はあったのですが「どうせ微妙だろ封印封印」と埋葬してましたが、最近それを改めここに公開しました。
何故煉獄オバロなのか、ここでブレマスの軸を見てみましょう。

☆利点☆
●紅焔によるエンド時にG3の回収やムブディを好きなタイミングで使える事でハンドを維持しやすい。
これにより擬似的なノーコストの超越、単騎で16000ラインを出せるアタッカー『ジャーゴ』を繰り返し使うことができます。
またムブディによるドローで手札の補助も多少ながらできるので安定性が向上しました。

●焼き札が多く全焼きも手軽にできるのでズィーゲンをハンドコスト無しで起こしやすい。
紅焔の超越ボーナス、ラディエントやジャーゴ等火力を出せる焼き札によって相手の盤面を枯らしやすくズィーゲンのハンドコストを無くせたり、ほぼ常にラディエント、ムブディ、ジャーゴの最大火力を出せます。

●Vがブレマスなのでジャンナットやラーヴァフロウを気軽に使うことができる。
ジャンナット、ラーヴァフロウを序盤から出していけつつ、更に先乗りした時でもジャンナットを吸えるので強い動きを作りやすいです。
勿論ソウルも溜まります。

●ラディエントが使いやすく、オバロと違い戴天やブレイジングバースト、ルートフレアの時でも21000を単体で出せる。
オバロの時は戴天、ルートフレア、ブレイジングバーストの時最大でもネハーレンの16000、ブレイジングバーストで26000でした(そもそもルートフレアは入りませんでしたが)。
しかし此方はVがブレマスなので戴天、ルートフレア、ブレイジングバースト、どれの時でも盤面が枯れていれば21000を出せます。


☆欠点☆
●ブレマスの焼き、ムブディのパンプとドロー、ラディエントのパンプ、ジャーゴの焼き、ズィーゲンや戴天これら全てにCBが必要、つまり重い。
今まで相手のターンでの焼きを主に担っていたディナイアルやハルクロアーもCBを使い、それが手軽に打てたのが手軽に打てなくなるので相手からすると攻めやすくなり、そこでCBを使いすぎるとブレマス側に制限がかかる。
3パンをする場合ムブディ、ラディエントを立てるとVがズィーゲンや戴天なら全ての効果を使うだけでCB3、紅焔の超越ボーナスを使うとCB4、これで仮にナーデルのCCを使っても返しにディナイアルを打てばダメージを4~5もしくはナーデルが2体無ければ次のターン表のダメージは無しもしくは1枚。
動きがどんどん制限されていきます。
使うカウンターを調整しないといけないですが、それをすると今度はラディエントやムブディは火力を出せません。

●抵抗や相手ターンのコールに弱い。
抵抗やGG等から此方のターンでコールされるRにも弱く、G3の回収もできずズィーゲンもコストが必要になります。
抵抗にはルートフレアやブレイジングバーストで対抗はできるもののルートフレアはノーコストなのは強いですがVに圧力が無く、ブレイジングバーストはそもそもGB8でタイミングが遅いです。

●GB持ちが多い。
大半のユニットがGB持ちなので動きが遅いです。
焼き札では唯一ジャーゴがGBが無いですがそれでも少ないです。
他にも入れようとした場合、GBが付いてないユニットで入れれるのは頑張ってネオフレイム位だと思います。



ではここで煉獄オバロを見てみましょう。
☆利点☆
●G1コンローが使える。
新しく追加されたユニットでCBを使う量が増えました。
が、G1コンローのおかげでそれが全く気になりません。
ズィーゲン、Ace、グレートにテキストを付与する事で確定でCC4する生き物が立ちます。
これによって相手のターンでもディフィートフレア、ディナイアルと言った焼き札やアブトサラームを気兼ね無く使いつつ此方のターンでの動きにもそこまで制約が掛からないという利点があります。

●ネハーレン、スフィリカルの存在。
Vスタンドが増えたことで相手Vを狙いながらネハーレン、スフィリカルが21000を出しやすくなりました。
ラディエントと違うのは戴天の時は16000しか出せない代わりにコストが掛からず、またラディエントは抵抗が居たり、GG等の効果でRを出されると火力が落ちますがコイツらは盤面に左右されない利点があります。
これによって安定した要求値を出すことができます。

●The Aceとディフィートフレアが使える。
呪縛されて竜炎が発動しない、相手の盤面によってズィーゲンでは手札コストが掛かる、ズィーゲンを使いきった後の詰め等にThe Aceという選択肢が取れます。
またVがオーバーロードなので後列を一掃できるディフィートフレアも打つことができ、後列に引きこもった抵抗やシステムユニット等も纏めて焼くことができます。

●煉獄なのでメナスレーザーが使える。
普通のオーバーロードと違い煉獄でもあるのでメナスレーザーが序盤から使うことができます。
GBの無いCB1の焼きは普通に強く、相手の速攻への返しからズィーゲンやムブディのおかげで後半でも1面焼くことでムブディの火力を上げたりズィーゲンのコストを減らしたりと幅広い対応ができます。
同時に煉獄は序盤から札を置いていきやすいので序盤から攻めていきやすいのも利点だと思います。


☆欠点☆
ジャンナットやラーヴァフロウが少し使いにくく、戴天の時は最大でも単騎16000~19000しか出せないので戴天の時の要求は紅焔より下です。
また、紅焔の回収も無ければムブディを何時でも使えるわけではないのでハンド維持がやや不安定です。


こんな感じですね。
今回かげろうのほぼ全軸を触ってみて、どちらにも利点欠点があり、軸が一択ではなくなって良い強化だったんじゃないかなと思います。
是非かげろう使ってる方には煉獄も試してみてほしいです。
おわり。